スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無音検索用batファイルサンプル

無音検索用batファイルのサンプルができたのでメモっておきます。

あとは、続きを読んでください





以下に、batファイルのサンプルを記載しておきます

※このbatファイルは、
up0593 chapter_exe FAW対応。無音検索高速化 のためのものです。

chapter_exe は、AviUtlを使わず
AviUtl用チャプター編集プラグインchapter.auf(無音検索+シーンチェンジ(SC)検索付き)、
と同等の無音検索ができます。

※チャプター編集プラグイン(AviUtl用)について
「チャプター編集 for AviUtl by ぽむ + 無音&シーンチェンジ検索機能 by ru」は、
up0604 aviutlチャプター編集プラグイン+無音&シーンチェンジ検索機能等のほか、
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/avi/1331630487/490等を参照してください。
チャプター編集プラグイン + 無音&シーンチェンジ検索機能 r17
直リン:https://github.com/downloads/rutice/chapter.auf/chapter.auf_r17.zip
ソース:https://github.com/rutice/chapter.auf


チャプター編集プラグインについては、r17が公開されました、ありがとうございます。
2012年06月18日現在の最新版は、r19が公開されています。ありがとうございます。


logoGuilloが自動CMカット用ツールであるのに対し、
これらの無音位置&シーンチェンジは場面転換位置把握のための目安に使えば便利です。

chapter.bat(サンプル)
chapter_exe.exeを置いておくフォルダを指定します。
同じフォルダに、avsinp.auiが置かれている必要があります。

編集履歴
2012年05月12日 手元のbatファイルのバックアップとして記事作成。
2012年06月18日 r16以降で、同名の*.txtファイルが自動読み込みできることを忘れていたので、それに合わせて出力ファイル名修正。


使い方
avsファイルを、このbatファイルにドラッグアンドドロップします。
処理された結果は、avsと同じフォルダに、txt出力されるようにしてあります。
出力txtファイルは、チャプター編集ウィンドウにドラッグアンドドロップすればつかえます。
r16以降のチャプター編集プラグインを利用すれば、avsをドラッグアンドドロップすれば、出力txtファイルが自動読み込みされます。

bat処理に使うなら、未処理のavsを最初にこれで処理してみると、 どのように場面転換位置を把握できるかわかって便利かも。
@echo off
rem http://soranikakaruhashi.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
setlocal

rem up0593 chapter_exe FAW対応。無音検索高速化
rem 準備:
rem 基本的に★★★avsinp.auiのあるフォルダ★★★にchapter_exe.exeを置いてください。
rem ※chapter_exe.exeが置いてあるフォルダにavsinp.auiが必要ってことです
rem 
rem 使い方基本
rem chapter_exe.exe -v "画像ソースファイル" -a "音声ソースファイル" -o "出力先txt" -m 無音閾値 -s 連続フレーム数
rem 
rem -v 画像
rem -a 音声 		※画像と音声が同じソースの場合は -a を省略可能。
rem -m 無音閾値 	※-m を省略時は 50(デフォルト)
rem -s 連続フレーム数	※-s を省略時は 10
rem 
rem 画像と音声が同じソースの場合の例
rem chapter_exe.exe -v "D:\encode20120515\in.avs" -o "D:\encode20120515\out.txt" -m 100 -s 15



rem avsの場合のみ処理
:bat_start
echo 処理開始

rem avsファイルを入力してください。
if not "%~x1"==".avs" goto end

rem ■ chapter_exeの場所
rem set chapter_exe_path=%~dp0chapter_exe.exe
set chapter_exe_path=C:\DTV\up0593 chapter_exe FAW対応。無音検索高速化\chapter_exe.exe

rem chapter_exe.exe -v "%~dpn1.avs" -o "%~dpn1.txt" -m 100 -s 15
echo "%chapter_exe_path%" -v "%~dpn1.avs" -o "%~dpn1.txt" -m 100 -s 15
"%chapter_exe_path%" -v "%~dpn1.avs" -o "%~dpn1.txt" -m 100 -s 15





rem 次のファイルがあれば :bat_start に戻る
shift
if not "%~1"=="" goto bat_start

endlocal
pause
exit /b

:end
endlocal
echo 入力されたファイルはavsファイルではありません。 
echo avsファイルを入力してください。
pause
exit /b



avsを放り込んで処理しようとすると、YUY2だけ対応だよ!と言う感じで英語で警告メッセージが出ますが、
YV12でも一応の処理ができますので、一応使えます・・・










---
ここから自動CMカットについて考察
無音検索だけをつかって自動CMカットに利用できるか?
無音検索を、CMや場面転換の目印として利用することは、できそうに思えるが難しい
CMが15秒、30秒、60秒…ということを利用すれば、自動カットもできそうな気もするが、
いくつか誤爆の原因になりそうな点が考えられる…

①アニメでは、次回予告が15秒だったり30秒だったりすることがあるため、次回予告部分を残さずカットされてしまう。
 →深夜アニメだと提供の前後に次回予告があるからそ提供部分を利用できる可能性あり。
  ※日曜夕方のアニメなど提供がないものもあったりする…。
  ※本編と次回予告の合計秒数は毎回同じはずだから、想定と違う場合は手動で処理するようにする?
②シーンチェンジも拾うため、15秒CMがいくつかに分かれてしまったり、位置が微妙にずれてしまう。
 →いくつかわかれても合わせて15秒ならCM判定。
  ※位置が微妙にずれてしまった場合補正が必要…。
③本編中にも、15秒や30秒といった区間がある。そこの本編もカットされてしまう
 →本編中15秒や30秒は、その区間の前後が本編なら何とか無視できる
  ※CMとの境に15秒や30秒の区間がある場合、秒数だけではCMと区別方法がみつからない?
  ※本編の秒数は毎回同じはずだから、想定と違う場合は手動で処理するようにする?

…等
  ※ロゴとあわせれば完璧に近くなるだろう。無音検索だけなら高速だが誤爆をたくさんつくる原因になりうる


実際には5秒CMや5秒次回予告などもあったりする…

とりあえずlogoGuilloを使えば100%に近い精度で本編区間を判定可能なため、
ロゴがない提供部分をchapter_exeで判定というようには使えるかもしれない。


無音検索は場面転換の把握、チャプターをつける際にはかなり有用にだと思える











AmazonベストセラーTOP5
アニメ(BD/DVD)
ライトノベル
コミック
フィギュア・ドール
アニメゲームmusic

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空に架かる橋

Author:空に架かる橋
FC2ブログへようこそ!
このブログについて(プライバシーポリシー)
Amazon.co.jpアソシエイト
こちらのブログはたまに各種実験会場となるため、デザイン変更等により表示が遅くなったり、文字が読みにくかったりする場合があります。 そのうちなおりますm(_ _)m
記事の内容に問題がある場合は、ただちに記事内容の利用をやめてください。

カウンター

現在の閲覧者数:

DTV研究
検索フォーム
カテゴリ
PT3 (3)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazonランキングテスト3.2
内容:

カテゴリー:

ノード:

アダルトを
選択しない 表示しない
※カテゴリー変更後に有効
RSSへのリンク
TGテストエリア
テストエリアb
AmazonベストセラーTOP5
アニメ(BD/DVD)
ライトノベル
コミック
フィギュア・ドール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。