スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非弁護士

最近、ニセ弁護士が詐欺未遂容疑で逮捕されたようですね。
お金をだまし取ろうとする詐欺の未遂でした。
(お金を取られる前に、被害者が相談した本物の弁護士が登場して阻止した。その一部始終が本物の弁護士によって隠し撮りされていた。)

弁護士資格がないのに弁護士業務を行うことはどの法律によって禁止されているのでしょうか。

弁護士の資格のない者が、報酬を得る目的で弁護士が行うような活動をすること非弁活動)は、弁護士法72条で禁止されています。(非弁=非弁護士)

弁護士法72条を見てみると、
(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条  弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

となっています。

簡単に訳せば、
弁護士でない者が、報酬を得る目的弁護士の法律事務取り扱い、またはこれらのあっせんする業務をすることはできない
といったところでしょうか。

なぜこんな規制ができたのかというと、昔に非弁活動が多く、トラブルが絶えなかったことから、依頼者となる一般人を守るためだとか。

司法書士や行政書士の資格があろうと、弁護士資格を持っていなければ、弁護士でない者にあたります。

ニセ弁護士の中には、本物の弁護士の名を名乗ったり、名刺を出したりする輩もいるそうですのでご注意ください。
また、弁護士自ら訪問してくるなどということはありえないそうですので、お気を付けください。

tag : ニセ弁護士 非弁護士 非弁活動

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空に架かる橋

Author:空に架かる橋
FC2ブログへようこそ!
このブログについて(プライバシーポリシー)
Amazon.co.jpアソシエイト
こちらのブログはたまに各種実験会場となるため、デザイン変更等により表示が遅くなったり、文字が読みにくかったりする場合があります。 そのうちなおりますm(_ _)m
記事の内容に問題がある場合は、ただちに記事内容の利用をやめてください。

カウンター

現在の閲覧者数:

DTV研究
検索フォーム
カテゴリ
PT3 (3)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazonランキングテスト3.2
内容:

カテゴリー:

ノード:

アダルトを
選択しない 表示しない
※カテゴリー変更後に有効
RSSへのリンク
TGテストエリア
テストエリアb
AmazonベストセラーTOP5
アニメ(BD/DVD)
ライトノベル
コミック
フィギュア・ドール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。