スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジの放送受信障害について

地上デジタル放送の受信トラブルと対策事例

以下の一覧は、目次的な意味で用意してありますが、
基本的にリンク先(総務省関東総合通信局)を読んでください。
図をつかって説明が充実しています。

いっぱい書いてありますが、内容はシンプルです。
トラブルの原因は、
送信所~アンテナ~(ブースター)~ケーブル~テレビ
の間のどこかにあるのだから
それを探して解決していく、というだけのシンプルなものです。


※東京スカイツリーからの送信による受信障害について
東京スカイツリーから放送されることにより、既存の受信環境でテレビが映らなくなったり、映像が乱れたりという問題が発生することがあります。
送信場所と高さがかわることにより、受信地点での電波の強さが変わりアンテナやブースターの受信環境の調整が必要となる場合があります。

スカイツリーへの移転が原因で受信できなかったりブロックノイズなどの症状が発生した場合は放送事業者が適切な対応を行います。
(必要な対策工事等は無料で行われることになっています)
放送事業者の設置した、受信相談のコールセンターがあります。
在京6局7チャンネルの試験放送中に問題を見つけた場合にはこちら。
東京スカイツリー移行推進センター
http://t-sapo.com/

スカイツリーからの試験放送中に
確認するチャンネルは、
・スカイツリーから送信されるチャンネル
NHK総合、NHK教育、テレビ朝日、日テレ、TBS、フジテレビ、テレビ東京

・影響を受ける可能性のある主なチャンネル
放送大学、TOKYO MX、テレビ埼玉、千葉テレビ、テレビ神奈川




MXが以前は映っていたのに映らなくなった(試験放送以外の時間でも映らなくなってしまった)
というような場合にはMXのコールセンター等へ。
http://s.mxtv.jp/skytree_iten/genryoku.html

20ch受信に問題なかったのに2012年10月送信開始したTOKYOMX(16ch)の受信状態がよくない人は受信環境を調べて相談してみるとよいかも。
5月移転予定の広域6社の試験放送中にMXが受信できない場合は広域6社側で対策します。
http://s.mxtv.jp/skytree_iten/6companies.html


 ※自分で工事?
  なお、屋根の上にのぼって工事が必要な場合など素人の手には負えない場合には、危険ですので
  きほんてきに専門知識をもった電器店や電気工事店等へ相談したほうがよいとおもいます。

 ※ツリー送信により受信障害が発生するた場合には、放送事業者側で無料で対策してくれますので、
  試験放送やhttp://t-sapo.com/等で内容を確認して、コールセンターに問い合わせてみてください。
 ※CATVなどの環境では、送信元での対策が必要なためツリー波の受信ができない場合があるようですので、
  それぞれのホームページで確認したり問い合わせたりしてください。





東京スカイツリーの利用に伴い、受信障害が起こる場合があるようです。
※2012年10月~放送中 TOKYOMX UHF16ch
2013年1月~ 関東キー局6局移転は2013年5月ごろに延期。毎週土曜朝5時前に2分間の試験放送有。
※2013年5月 6局(NHK、テレビ朝日、日テレ、TBS、フジテレビ、テレビ東京)、スカイツリーへの送信所移転。


東京タワーから送信されている電波を受信している世帯の方については、
2012年10月現在は東京タワーから送信されている電波を受信しているため、
東京スカイツリーへの移転の際にどのような影響が出るのかは確認していない人も多いかと思います。
スカイツリーからの試験放送が行われる予定ですので、試験放送の時間に受信状態を確認しておくと良いと思います。
試験放送の日程は、東京スカイツリー移行推進センターのホームページなどで確認。
http://t-sapo.com/


 ※ツリー送信により受信障害が発生する場合には、放送事業者側で無料で対策してくれますので、
  http://t-sapo.com/等で内容を確認して、コールセンターに問い合わせてみてください。
 ※CATVなどの環境では、送信元での対策が必要なためツリー波の受信ができない場合があるようですので、
  それぞれのホームページで確認したり問い合わせたりしてください。




Q.東京スカイツリーへの移行で受信障害が起こる地域はどこ?
A.特定の地域ではなく、東京タワーからの電波を受信している世帯のうち11%程度の世帯の受信環境で、
 東京スカイツリーからの送信に伴う受信障害が生じる可能性があります。
 そのため、試験放送等で受信状態を確認して対策する必要があります。


Q.どうやって受信状態を確認?どんな対策を?
A.まずは試験放送で受信状態を確認。http://t-sapo.com/等で試験放送の日程確認。
送信場所が変わるため、スカイツリーからの受信電波が強すぎたり弱すぎたりするため受信障害が発生する受信環境があります。
スカイツリーから送信される放送局だけでなく、放送大学や県域放送(テレビ埼玉、千葉テレビ、TOKYO MX、テレビ神奈川)などの受信状態も確認します。


受信状態を確認するチャンネル
・東京スカイツリーへ5月に送信所を移転する6局7チャンネル
NHK総合、
NHKEテレ、
テレビ朝日、
日テレ、
TBS、
フジテレビ、
テレビ東京


・影響を受ける可能性のあるチャンネル
放送大学
テレ玉(テレビ埼玉)
チバテレビ(千葉テレビ)
TOKYO MX
tvk(テレビ神奈川)


受信できるかできないか、ブロックノイズが発生したりしていない、などを確認します。
問題がある場合には、東京タワーとスカイツリーからの電波を受信できるように放送事業者側で無料で対策してくれます
 ※ツリー移転により受信できなくなった場合には、放送事業者側で無料で対策してくれますので、
  http://t-sapo.com/等で内容を確認して、コールセンターに問い合わせてみてください。
 ※CATVなどの環境では、送信元での対策が必要なためそれまでツリー波の受信ができない場合があるようですので、
  それぞれのホームページで確認したり問い合わせたりしてください。




Q.スカイツリー利用に伴う受信障害にはどんなのがあるの?
A.大部分の受信環境では問題がなさそうですが、一部の受信環境でスカイツリーからの試験電波の受信障害が確認されたようです。
これは、アンテナの向きや電波が強すぎることなどが原因として多そうということのようです。

・アンテナの向き?
東京タワーからの受信を想定した多くのアンテナは、東京タワーからの電波を受信できるようにうまいこと調整されていると思われます。
東京スカイツリーは東京タワーとは数kmはなれた別の場所にあるため、受信場所や周辺環境によっては、
スカイツリーから送信される電波を受信するためには不適切な場合もあるかと思います。
試験放送などで受信状態を確認してください

・電波が強すぎる?
東京スカイツリーを利用することにより、
東京タワーとくらべてビル陰の影響を受けにくいため、受信状態が改善されることが予想されていましたが、
改善されすぎて電波が強すぎる場合があるようです

アナログ時代を含めて東京タワー波に合わせて受信調整されている既存の受信環境においては、
スカイツリー波が入力オーバーとなる場合がありえます。
また、高利得アンテナや高利得ブースターの設置されている場合、テレビが入力オーバーとなり受信障害が起こる可能性があります。
試験放送などで受信状態を確認してください





以下のような受信障害も想定されています。
①新たにビル陰となったりして受信強度が低下する場合。
スカイツリーを隠すような位置にビルがあったりして電波がさえぎられて受信障害が起こる場合があります。

②ブースターの飽和、過大入力による受信障害
東京スカイツリー利用の場合、東京タワーよりも高い位置から送信されるため、
受信場所での受信電界強度が大幅に改善された場合にはそれに伴ってブースターが飽和し受信障害が起こることがあります。
また、ブースターやテレビへの過入力により、映像が映らなかったりブロックノイズなどの受信障害がおこることがあります。

③NHK総合(UHF27ch)と放送大学(UHF28ch)の混信障害
NHK総合の送信所は2012年1月に東京スカイツリーに移転しますが、
放送大学は東京タワーのままなため、
受信する地域によっては、これらの受信レベルに差が生じてしまいます。
この差が大きいとき低い方のチャンネルが受信できない場合があります。

④アナログ放送大学用(UHF16ch)のフィルタが設置されたままの場合
アナログ放送大学時代の電波が強かったためにされていた対策により、
同じ周波数を使うTOKYOMXのスカイツリー波(UHF16ch)の受信できなくなる場合があります。


Q.上の文章は読み飛ばしましたが?
A.これまで東京タワー波を受信していた環境については、東京スカイツリー波も受信するためには、
アンテナの調整やブースターの調整、アナログ放送大学をカットする混合器やアッテネータ等を除去する等、
それぞれの環境ごとに対応をしていく必要がある場合があるかとおもいます。
とりあえずは、http://t-sapo.com/等で試験放送日程を確認して受信状態を確認すると良いです。
 ※ツリー移転により受信できなくなった場合には、放送事業者側で無料で対策してくれますので、
  http://t-sapo.com/等で内容を確認して、コールセンターに問い合わせてみてください。
 ※CATVなどの環境では、送信元での対策が必要なためツリー波の受信ができない場合があるようですので、
  それぞれのホームページで確認したり問い合わせたりしてください。

















以下の例は、映るはずの環境で映らない場合のよくある質問集
※例示されている改善策によって必ず改善するわけではありません。
工事が必要な場合など素人の手には負えない場合には、
きほんてきに専門知識をもった電器店等への相談するのがよいとおもいます。


症状(1) 特定チャンネルが受信できない
原因(1) ハイトパターンによる受信レベルの低下
       ※受信アンテナの高さによって受信できる電波の強さが大きく変化することがある。

  改善策 アンテナの高さ調整。



原因(2) 受信帯域が不適切なアンテナによる受信レベルの低下

  改善策 適切なアンテナへの交換。
      (全帯域用アンテナもしくは地域のチャンネルに合ったアンテナ)


原因(3) 建造物による受信レベルの低下
       ※送信所から離れた中・弱電回地域では、建物等が電波受信の妨げとなり受信障害の原因となる

  改善策 受信する地域に適したアンテナへの変更、等。

      中電界地域・弱電界地域
      ・高利得アンテナあるいは指向性の鋭いアンテナへの変更。
      ・高利得のブースターの利用
      等。

      強電界地域
      ・アンテナの高さ、方向調整、設置場所の変更。


原因(4) マルチパス(遅延波)によるCN比(キャリア(信号)のノイズ(雑音)に対する比率)の劣化
       ※アナログでは、遅延波により映像が二重に移るゴーストが起こった地域について。
       ※デジタルでは、遅延波の影響を取り除くことができる(一定値以内のガードインターバル)。
        が、一定値を超えてしまう遠距離からの遅延波がある場合、受信障害の原因となることがある。

  改善策 送信所からの電波を多く受信するようにする。
      ・アンテナの方向調整
      ・指向性の鋭いアンテナへの交換
      ・マルチパスの影響を軽減する位置へのアンテナ設置
      等。


症状(2) 設置時に受信できていたが、その後受信できなくなった
原因(1) ブースター発振によるCN比劣化
       ブースターの施工不良や経年劣化による電波の異常発信により、特定チャンネルの周波数帯への妨害電波が発生する受信障害。
       (受信ブースターの発振についてttp://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/bc/shogai/busuta_hashin.pdf)
       (ブースターで増幅された信号の一部が、入力側に戻ってさらに増幅されて強力な妨害電波を発生させる)


       ※自宅だけでなく、近所の住宅のブースターの場合もある。
       ※多くの場合、1つのチャンネルだけ受信できなくなる(特定周波数への妨害のため)

       ※屋外型のブースターによる発振の場合
        接続されている同軸ケーブルが風で揺すられ、障害の強度や障害を受けるチャンネルが変化することがある

       ※受信レベルが十分にあるにも関わらずCN比やBER(ビット誤り率)が低下している場合


  改善策 設置されているブースターを確認。
      ブースターの電源を入切して、測定器で確認等。
      

原因(2) フェージングによるCN比劣化、受信レベルの低下
      (気象や地表の性質の変化による電界強度の変動)

      希望波が弱くなる場合(受信したい放送波が弱くなる場合)
      ・海や湖を挟んだ対岸の局を受信している場合
      ・遠距離の送信所の電波を受信している場合

      妨害波が強くなる場合(受信したい周波数と同じ周波数の別のチャンネルが混信する場合)
      ・隣接した他県の同じチャンネルを使用した送信所の電波がフェージングの効果により、到来する場合。
       ラジオダクトによる異常伝搬では、数百キロメートル以上も離れた送信所の電波が到来し、デジタル混信が発生した事例あり。

  改善策 希望波が弱くなる場合
      ・希望波の受信レベルが強くなるようにする
       (高利得アンテナや指向性の鋭いアンテナへの変更)



原因(3) 着雪・樹木の繁茂による受信レベルの低下
       豪雪地帯では、アンテナへの着雪により受信レベルが低下することがある。
       草木の繁茂する夏場に受信レベルが低下することがある(アンテナ前方に樹木がある場合や地形遮蔽により回析波を受信する場合)


  改善策 アンテナへの着雪
      ・アンテナに雪が積もらないようにする(アンテナを軒下へ移動させる等)
      ・平面型UHFアンテナへの交換(電波の強さが十分ある地域の場合)
      
      樹木の繁茂
      ・アンテナの移動(電波到来方向に樹木がかからないようにする)
      ・高利得アンテナ・高出力ブースターへの交換


原因(4) 新たな建造物の障害による受信レベルの低下
      ※新しい建造物が受信希望波を遮蔽することで受信レベルが下がると、マルチパス(遅延波)の影響を受けやすくなる


  改善策 アンテナの方向調整
      管理会社等に相談(受信障害解消対策の実施)




症状(3) 複数台のうち1台だけ受信できない
原因(1) アンテナの受信レベルの不足

  改善策 受信アンテナ(地域の受信状況に適した機種を選定)
      分配損失を考慮(必要に応じてブースターを使用)
      最適なアンテナ設置位置・高さの調整(デジタルチェッカーを使用)

原因(2) ブースター調整不良
       ブースター調整不足により、末端端子が受信レベル不足

  改善策 ブースターの利得調整つまみを回して出力レベルを調整

      高利得・低雑音型ブースターへの交換
      
      強電界地域 定格出力が高いタイプのブースター
      弱電界地域 高利得や低雑音型のブースター


原因(3) 分岐・分配器、壁面端子の経年劣化や施工不良による受信レベル不足
      経年劣化、施工不良、不適切な接続
  
  改善策 問題ある場合、新しいものへの交換
      不適切な接続がある場合、F型接栓(図2-1)を使用するなど適切な接続処理をおこなう。
      リンク先の画像参照。


原因(4) 同軸ケーブルの不具合による受信レベル不足
      細い同軸ケーブルやUHF性能が保証されていない同軸ケーブルが使われている場合等。

      ケーブルの種類の見方についてはリンク先参照
      例)4C-FB
①ケーブルの太さ(外径)
       4: 3.7mm
       5: 5.0mm
       7: 7.3mm
      ②インピーダンス
       C: 75Ω
       D: 50Ω
      ③絶縁材
       2: ポリエチレン
       F: 発泡ポリエチレン
      ④外部導体
       V: 編組(銅)
       B: 編組(スズめっき)、アルミシールド(編組内)
       BL:編組(スズめっき)、アルミシールド(編組内外)


 

原因(5) 受信機の動作不良
      テレビの故障、もしくは、テレビに接続されている別の機器の不具合



症状(4) 外部要因による受信不良
原因(1) 水銀灯、業務用冷凍機、ネオン管等の不良による雑音

  改善策 原因機器の電源の入切の際に、障害がとまるかどうかの確認


原因(2) 無線局
  無線による障害は短時間に発生消滅。
  ブースター側が無線局の周波数を増幅しブースターが受信障害になる場合など。

  改善策 
      ・増幅されてしまう一定の周波数成分を減衰させるフィルターの設置
      ・除去装置付きブースターへの交換
      等 










参考文献

地上デジタル放送の受信トラブルと対策事例(リンク先は外部ページ、総務省)
症状(1) 特定チャンネルが受信できない(リンク先は外部ページ、総務省)
症状(2) 設置時に受信できていたが、その後受信できなくなった(リンク先は外部ページ、総務省)
症状(3) 複数台のうち1台だけ受信できない(リンク先外部ページ、総務省)
症状(4) 外部要因による受信不良(リンク先は外部ページ、総務省)







AmazonベストセラーTOP5
アニメ(BD/DVD)
ライトノベル
コミック
フィギュア・ドール
アニメゲームmusic

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空に架かる橋

Author:空に架かる橋
FC2ブログへようこそ!
このブログについて(プライバシーポリシー)
Amazon.co.jpアソシエイト
こちらのブログはたまに各種実験会場となるため、デザイン変更等により表示が遅くなったり、文字が読みにくかったりする場合があります。 そのうちなおりますm(_ _)m
記事の内容に問題がある場合は、ただちに記事内容の利用をやめてください。

カウンター

現在の閲覧者数:

DTV研究
検索フォーム
カテゴリ
PT3 (3)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazonランキングテスト3.2
内容:

カテゴリー:

ノード:

アダルトを
選択しない 表示しない
※カテゴリー変更後に有効
RSSへのリンク
TGテストエリア
テストエリアb
AmazonベストセラーTOP5
アニメ(BD/DVD)
ライトノベル
コミック
フィギュア・ドール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。