スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全地デジ化への対応方法

対応方法の前に。
過去記事「地デジとアナログ放送の簡単な見分け方。」 ⇒こちらを見ておいてください。

現在のテレビで、デジタル放送の受信ができている場合
この場合は何も心配する必要はありません。
2011年7月24日以降も地上デジタル放送が楽しめます。

現在のテレビでアナログ放送の受信しかできていない場合
この場合は、地デジ放送をみるには、何らかの対策が必要です。
1.地デジテレビなのにアナログ放送。
アナログ用チューナーにつながっていて、地デジ用のほうにつながっていないことが考えられます。

2.現在、アナログテレビしかない場合。
(1)デジアナ変換(契約しているケーブルテレビでサービスが提供されている場合)
ケーブルテレビ局でデジアナ変換サービスを提供している場合、
そのケーブルテレビに加入している方は、無料でデジアナ変換サービスが受けられます。
この場合、地デジ用のテレビやチューナーなどを新たに購入するなどの負担なしで地デジ放送を受信できます。

デジアナ変換サービス
これは、ケーブルテレビ会社のサービスとしてデジタル放送をアナログ放送にして各家庭に送ってくれるというもので、
2015年3月まで行われます。

そのほかの場合、地デジを見るための準備が必要です。
(2)アナログテレビをそのまま使いたい!
アナログテレビをそのまま使いたい場合には、アナログテレビ用地デジチューナーを買えばいいのですが、
アナログテレビが壊れたり、地デジテレビを買ったりすると不要になるものなので、考え始めると買うかどうか悩ましいところですね。
PS3とtorneなんて人もいるかもしれません。

(3)地デジテレビを買う。地デジパソコンを買う。
地デジテレビだけ買っても地デジが見れるかわかりません。
地デジを見るために必要なのは、UHFアンテナとデジタル放送対応テレビです。間の経路も含めて。

まず、アンテナがUHFアンテナである必要があります。当然アンテナの向きも重要です。
現在大部分の家ではUHFアンテナなので、意味もなく新しいUHFアンテナにする必要はありません。
UHFアンテナがあれば、地デジテレビをつなぐだけで地デジが見られます。

環境によってはアンテナの向き調整やブースター等電波調整が必要かもしれませんね。
屋根の上のアンテナの向き調整は素人には難しいので町の電気屋さん等に頼むのがよろしいかと思います。
※ブースターというのは、弱い電波を強くしてきちんと受信できるようにするためものです。強すぎる電波をさらに強くすると機器の故障につながるかもしれませんので気を付けてくださいね。
以上の記事で、わからないことがありましたら、詳しいことは、デジサポや町の電気屋さん等に相談するのがよろしいと思います。

tag : 地デジ化 完全地デジ化 デジアナ変換 地デジ アナログ放送 7月24日 デジサポ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空に架かる橋

Author:空に架かる橋
FC2ブログへようこそ!
このブログについて(プライバシーポリシー)
Amazon.co.jpアソシエイト
こちらのブログはたまに各種実験会場となるため、デザイン変更等により表示が遅くなったり、文字が読みにくかったりする場合があります。 そのうちなおりますm(_ _)m
記事の内容に問題がある場合は、ただちに記事内容の利用をやめてください。

カウンター

現在の閲覧者数:

DTV研究
検索フォーム
カテゴリ
PT3 (3)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazonランキングテスト3.2
内容:

カテゴリー:

ノード:

アダルトを
選択しない 表示しない
※カテゴリー変更後に有効
RSSへのリンク
TGテストエリア
テストエリアb
AmazonベストセラーTOP5
アニメ(BD/DVD)
ライトノベル
コミック
フィギュア・ドール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。